Wordpress

アフィンガー|Google連携 Googleサーチコンソール設定方法|URLプレフィックスを使った設定を画像たっぷりで解説

この記事はこんな悩みに答えます!

アフィンガー設定でGoogle連携のGoogleSerchConsoleの設定を知りたい

有料テーマ アフィンガーを買ってインストールまで済ませたが

GoogleSerchConsoleの設定方法がいまいち分かりづらいと悩んでいませんか?

この記事で紹介する「GoogleSerchConsole設定手順」を実践すれば、誰でも簡単に設定することが出来ます。

この記事を読みながら設定していただければ、一切悩むことなく設定完了までたどり着けますので是非最後まで呼んでみてください。

この記事はアフィンガーのGoogleSerchConsole設定かた、サイトマップの送信までの手順を解説する記事になります。

すでに設定完了している方には参考にならないかもしれません。

Googleサーチコンソールの基本情報

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは?

Google 検索結果での自社サイトのパフォーマンスを監視・管理できる Google が提供する無料サービスです。

以前は「ウェブマスターツール」という名称で、その名の通り「ウェブマスター(Webサイトの管理者)」を向けのツールとして提供されていましたが、2015年5月にGoogle が、SEO専門家・マーケティング担当者・Webデベロッパーやアプリ デベロッパー等ウェブマスターに限らない「全てのユーザー」を対象とする方針を決定し、「Google Search Console」に名称が変更されました。名称変更に伴い、新たな機能も追加されました。

Googleサーチコンソール設定手順

まずは設定するところを確認しましょう。

①AFFINGER管理 > Google・広告/AMP を開きます

ここに「サーチコンソールHTMLタグ」があります。

下記手順ではこのサーチコンソールHTMLタグを取得する手順を解説していきます。

Googleサーチコンソールを開きます

https://search.google.com/search-console?hl=ja

ドメインか、URLプレフィックスを選択する必要がありますが

今回はURLプレフィックスを選択します。

サイトマップの送信

コンソール設定は完了しました。

次にサイトマップを送信していきます。

「GoogleSiteMaps」を使います。

sitemap.xml

と入力し、「送信」すればOK!!

まとめ

インデックスには時間がかかります。

今回は初期設定のみでOKです。

-Wordpress